カジノがお客様に料理を提供する理由とは?

カジノは、多くの人が様々な理由で集う場所です。お客様がカジノを訪れる理由として共通しているのは、好きなゲームをするという第一の目的に加えて、美味しい料理を味わうということです。料理はお客様をカジノへ惹きつける大きな要因の一つであり、カジノはその点を重視しています。ですので、カジノは豊富なメニューを用意し、美味しい料理をお客様に提供することに力を入れています。

ここ数カ月にわたり、飲食業界は目覚ましい成長を遂げています。そしてそれは、パンデミックが世の中を変える前のことでした。パンデミック以前にも、カジノはゲームフロアでのデジタルオーダーの導入や、ホテルのフードサービスが苦境にある業界の救世主になると考えるなど、時代遅れのビジネスモデルを克服するための取り組みを始めていました。カジノのフードサービスは、スロットに興味のある人だけでなく、日常的に外食をする人をも魅了するような、高級ダイニングのコンセプトに向けてシフトし始めていました。また、Foodservice Equipment & Supplies社によると、ホテル以外のカジノの全体的な収益が減少した一方で、カジノの飲食部門は過去5年間、食品で40億ドル、飲料で19億ドル増加したことを考えると、その重要性はさらに高まると思われます。

〜カジノのビジネス戦略〜パンデミック時の料理の提供

コロナウイルスによるパンデミックが世界経済全体に影響を与え、カジノを含むエンターテインメント業界にも大きな影響がありました。それをきっかけに、カジノの運営方針にも様々な変化が生じています。その一つが料理の提供です。カジノのトレードマークであったビュッフェの代わりに、今日の料理はデジタルオーダーになりました。これらにより、カジノの利益は増加しています。

  • カジノのダイニングエリアは、主要利益源へと変化している

デジタルオーダーは、集客を増やすために導入されました。さらに、カジノのキッチンでは、カーブサイドサービス、スロットマシンへの食事の持ち込み、客室での食事の提供など、様々なフードサービスを提供しています。

  • カジノは、テクノロジーを駆使して、ピックアップや持ち帰りサービスを導入している

カーブサイドといえば、ピックアップや持ち帰りサービスです。これは、カジノに新たな収益源をもたらしています。カジノでは、コロナウイルスの感染を防ぐために、安全性を維持する必要があり、入店制限がある場合もありますが、キッチンを利用しお持ち帰りサービス提供しています。全米レストラン協会が2021年春に発表した報告書によると、成人の77%が今後数ヶ月の間にテイクアウトやデリバリー、ドライブスルーで料理を注文すると考えていることがわかり、大きな反響を呼んでいます。

  • オンライン注文、統合型ゲーム、「スロットサーバーコールシステム」(F&B)を含むサービスを提供している

カジノは、ビュッフェからデジタルオーダーという新しいフードサービスシステムに移行しました。このようにして、カジノはビジネス革新を行なっています。カジノの運営者にとってもお客様にとっても、すべてがより速く、より簡単になりました。食品業界は、これまでとは異なる発展と成長を遂げたのです。

  • カジノフードサービスは、エンターテイメント施設と合併し、座席での注文や売店の提供を目指す

カジノはエンターテインメント施設とも密接に関係しています。ただ食事を提供するだけでは十分ではありません。より楽しいアクティビティを体験することができれば、お客様は満足できるはずです。いくつかのカジノでは、食事中にパフォーマンスなどのエンターテインメントを提供し、ダイニングエリアに新しい体験をもたらしています。

  • カジノは、ロイヤルティリワード、注文状況、支払いなどをアプリ上で確認できる、デジタルオーダーを導入している

デジタルオーダーとPOSの統合により、オーダーの手順が容易になり、スタッフは、お客様を歓迎するという仕事に集中できます。